カテゴリー別アーカイブ: カテゴリー: 未分類

特定保健用食品の葉酸

H17年から新しく特定保健用食品の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促すコピーの記載が義務化している。
ストレスがかかり、溜まってしまう原理や、簡単なストレス対策法など、ストレスに関しての詳細な知識をお持ちの方は、今のところ少ないようです。
一見すると「ストレス」というのは、「なくさなければいけない」「排除すべきもの」ものと捉えがちですが、現に、人は大なり小なりのストレスを感知するからこそ、生きていくことが可能になっているのです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、今までの研究の結果、予防の効能が見込まれるのは、注射した日の約14日後から約5カ月間ほどということが分かっています。
BMI(体重指数を算出する式はどこの国も一緒ですが、BMI値の位置づけは国ごとにそれぞれ異なっており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満を低体重と定義付けています。

鍼灸用のハリを皮膚に刺してもらう、という物理的な程よい幾多の刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われる要するに電気信号伝達をもたらすと言われているようです。
めまいが出ず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを幾度も発症するパターンのことを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエル)病」という事が多いそうです。
細菌やウィルスなど病気を連れてくる微生物(病原体)が口から肺の中へ入って発病し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を起こしたことを「肺炎」と断定しています。
肝臓をいつまでも健やかにキープするには、肝臓の解毒する作用が低くならないようにする、要は、肝臓を老けさせない対策を迅速に開始することが有効でしょう。
インキンタムシ(陰金田虫)は20代~30代の男の人多い傾向があって、基本的には股間の辺りにのみ拡大し、激しく運動したり、お風呂上りのように体が温まった時に強い痒みに襲われます。

内臓脂肪が多いことによる肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)のうち2個以上一致するようなケースを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいるのです。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事が欧米化したことに加えて受動喫煙・アルコールを毎晩飲む事・隠れ肥満などのライフスタイルの乱れ、ストレスなどによって、ここ数年日本人に増加しているという疾患だということができます。
多くの人に水虫といえば足をイメージし、こと足指の間に現れやすい病気だと勘違いされやすいのですが、白癬菌にかかる場所は足に限定されているわけではなく、体の様々な部位にうつってしまう恐れがあります。
1回歯の表面のエナメル質を減らしてしまうほど拡がってしまった歯周病は、おそらく症状自体が安定することはあっても、なくなった骨が元の量になることはまずありません。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適応した予防対策や医師による手当というような原則的な措置そのものは、それが例え季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでも変わらないのです。葉酸をとらなかった・・妊娠中でも葉酸は摂らなくて大丈夫?